保険の契約をする

相続を学ぶ

火災保険の人気ランキングを発表しているのがこちらです。1位の保険に加入するのがおすすめとなっていますよ。

安全に楽しむためにも海外旅行保険のおすすめが知りたいならこちらのサイトから見積もりと申し込みが簡単にできますよ。

相続税法の改正により、保険が相続税の節税対策として注目されるようになってきている。今回の税制改正では保険は従来通り、相続人一人当たり500万円の特別控除が認められることになっているので、節税対策としてもこの500万円が契約金額の相場になっているようである。 相続税法の改正で基本控除額が5000万円から3600万円に減額されて対象者の増加が見込まれるが、相続人が3人いる場合い、保険契約によって1500万円分控除額が増えるので、相続税が免除される場合いも出て来て節税対策としてかなり有効である。 生命保険等も月々の掛け金が5000円未満のものも数多く出回っているが、節税対策としては、所得税において一定額の所得控除が認められている分が節税となる。

保険を節税対策として利用していくには、その契約内容がポイントとなる。 医療保険や損害保険は、所得税の課税基準額から一定の割合で所得控除額が決められている所に特徴がある。 生命保険は、その契約内容によって節税対策効果が違ってくるので要注意である。 被相続人が契約者となって、相続予定者が受取人にしておくことが肝心である。 相続人一人当たり500万円まで控除されるので、この枠一杯利用することが得策となる。 節税対策以外にもメリットがある。 即ち、死亡保険金は、相続時の分割協議対象外となる為、円滑に被保険者から相続人への資産の継承が出来ると共に、相続手続きが完了していなくても簡単な手続きで相続人は現金を取得できるのからである。

保険見直しなどにファイナンシャルプランナーを神奈川で探すならこちら。お悩みに合わせて最適なプランナーを紹介しています。

分からない税金対策もプロに聞けば頼れます。保険の節税対策が今企業の間で注目されているので利用しない手はありません。

オススメリンク

見直しの前に

自分が加入している保険の見直しをすることは、とても大切なことなのですが保険の見直しを行う前に保険金の受け取りなどを考えなければいけません。安さで選ばないようにしましょう。

Read more

満足できているか

いざという時のために加入する人が多い保険ですが、保険は加入しているだけでは意味がありません。受け取る時の金額が十分かどうか考えて自分が満足できる保険を選んで加入しましょう。

Read more

若い時に

若いときはただなんとなく加入してしまいがちな保険ですが、保険は結婚や家の購入など未来のことを考えながら定期的にしっかりと考えて加入しなければいけません。自分や家族が必要とするサポートを考えることが重要です。

Read more